医療費問題について

Filed in 医療費問題について はコメントを受け付けていません。

病気や怪我をした時、多くの方は医療機関を受診すると思います。その際、検査や手術・入院が必要となることもあるでしょう。薬の治療だけで済む場合はそれほど負担がかかりませんが、検査や手術・入院となれば医療費もかなり大きなものとなります。この医療費の問題について、考えたことはありますか?
医療費を支払う際は国民健康保険などを使って支払っていると思いますが、これらは国民医療費として国でも負担をしていることになります。会社勤めをしている方は社会保険に加入している場合が多く、会社はこの保険料を徴収し、ここに国からの補填を行うことでまかなっています。今では年金問題が度々ニュースで報じられていますが、実医療費の方が深刻な状態です。一般世帯は自己負担が3割となっているので、10,000円の医療費がかかった場合は実費で3,000円支払うことになり、残りの7,000円は会社や国で負担しているということになります。これからはさらに高齢者が増えることになるため必要となる医療費も増えることになり、国への負担が大きくなるということです。そのため、この医療費をどのように維持していくかが大きな課題となっています。
このように、普段何気なく利用している医療機関も、国による負担があるからこそ気軽に受診出来ているということです。万が一、国が負担しきれなくなってしまえば実費での負担がかなり大きくなってしまうので、気軽に病院で治療が受けられなくなってしまう可能性もあります。こうなれば、治るはずの病気や怪我を治すことが出来ず、亡くなる方も増えてくるということです。一刻も早く、対策を取り入れることが重要となります。医療費問題についての詳細を知りたい方へ→医療費問題研究部

TOP